再生可能エネルギー(Renewable Energy) を扱える企業・求人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギー とは、太陽光、水力、風力、地熱や波力など、自然界に存在するエネルギーや、バイオ燃料など生物由来の有機性資源から得られるエネルギーを指す。どこにでも存在して、枯渇せず、CO2を出さない(増やさない)のが主な特徴だ。

再生可能エネルギー は、限りある化石燃料依存からの脱却、地球温暖化防止などの視点から、近年利用が増加している。一方で、既存の火力発電などと比較してエネルギー変換効率が低いことや、天候に左右されるため発電量が安定しないといった課題もある。国内ではコストの高さが再生可能エネルギーの普及を阻んできたが、海外では積極的に再生可能エネルギーが導入されており、技術革新の進展に伴ってコストは下がりつつある。

再生可能エネルギーを取り扱う企業は?

太陽電池パネルでは、中国メーカー(トリナ、インリーなど)が大きくシェアを伸ばしている。国内ではパナソニック、京セラ、シャープ、ソーラーフロンティア、三菱電機などが主要メーカーとなる。

風力発電機メーカーでは歴史と高い実績を誇るデンマークのヴェスタス、独シーメンス、米GEが大手となる。近年、Goldwind(ゴールドウィンド)をはじめとする中国メーカーがシェアを大きく伸ばしている。国内では、三菱重工業、日本製鋼所、日立製作所が大手だ。小型風力発電ではゼファーやグローバルエナジーなど日本のメーカーの人気が高い。

水力発電は大型から中小水力への技術革新が進んでおり、国内では田中水力やシーベルインターナショナルなどが着目されている。地熱は東芝が発電能力で世界トップシェアを誇る。

再生可能エネルギーに携われる求人は?

再生可能エネルギーについては、発電施設の設備設計や導入・施工、管理保全に携わる技術者、メンテナンス関連での営業職、プロジェクトマネジメント、コンサルティング分野で求人が見られる。また、海外メーカーが強い分野でもあり、調整・交渉業務、システムの輸入に関わる人材も募集している。

また、各発電方式とも、発生した電力を利用するための装置であるパワーコンディショナや蓄電池などの関連装置に係る設計、製造業務での求人が出ている。

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る