アドバンテック、必要なハードとソフトをパッケージ化した開発者向けARMスターターキットを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバンテックは2016年5月10日、必要なハードウエアとソフトウエアをパッケージ化した開発者向けARMスターターキットを発表した。

同キットは、メインボードやパネル、I/Oボード、ケーブル、電源アダプタなどのハードウエア一式と、Linux、Android&QTソースコード、検証用スクリプト、サンプルコードなどのソフト開発環境をワンパッケージで提供。10分程度で評価を開始することも可能だという。

3種類のベースボードのモデルが用意されており、価格は「NXP Cortex-A9 i.MX6 Qseven V1.2 モジュールベースモデル」が5万2000円、「NXP Cortex-A9 i.MX6 RTX2.0 モジュールベースモデル」が8万円、「TI Sitara AM3352 cortex A8 3.5インチシングルボードコンピュータベースモデル」が3万7000円(いずれも税別)だ。

また、同社のRISC特設Webサイトで開発に必要なドキュメントも用意されている。

同キットは2016年5月11日~13日に東京ビッグサイトで開催される「組込みシステム開発技術展(ESEC)2016」に出展される。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る