トヨタ、ガソリン&アルコールで走る世界初「フレックス燃料ハイブリッド車」の試作車を披露――総CO2排出量の削減に挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車(トヨタ)は2018年3月19日(現地時間)、ガソリンに加えてエタノールなどのアルコールを燃料として走行するフレックス燃料車(FFV)に、世界で初めてハイブリッドシステムを搭載した試作車(ハイブリッドFFV)を初公開したと発表した。ブラジル サンパウロ市でトヨタが主催したイベントでのお披露目となり、同イベントには、サンパウロ州政府やサトウキビ産業協会(UNICA)など、産官学の関係者が出席した。

ハイブリッドFFVはハイブリッド車の普及やCO2排出量削減を目指して、トヨタが日本とブラジルで開発を進めている新たなパワートレーンシステムだ。ハイブリッド車にはエネルギー効率が高くCO2排出量が少ないという特徴がある。それに加えて、生長過程でCO2を吸収して実質的なCO2排出量を抑えられる植物由来の再生可能エネルギーを使うことで、総合的なCO2排出量が大きく低減する可能性がある。

同社の調べでは、植物の生長過程からエネルギーとして車で使われるまでのCO2総排出量で比較すると、一般的なFFVに比べ、特にサトウキビ由来のエタノールのみを燃料としたハイブリッドFFVはCO2総排出量を大きく削減できる見通しだ。

今後、同社はブラジルにおいて、ブラジルで販売するハイブリッド車「プリウス」に同システムを搭載した試作車を用いて走行実証を実施する。データを収集し、ブラジルにおける実用化に向けて、ハイブリッドFFVの耐久性やパワートレーン性能などの検証を進めていく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る