ADAS/自動運転システム、2030年の世界搭載台数は8249万9000台に 矢野経済研究所調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADAS/自動運転システムの世界市場規模予測

矢野経済研究所は2019年5月8日、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムの世界市場の調査を実施し、2030年までの新車への搭載台数の予測を発表した。

まず、2018年のADAS/自動運転システムの世界搭載台数は、前年比24.3%増の2385万4000台と報告した。

自動運転のレベル別では、自動ブレーキや衝突警報などで標準化が進んでいるADASのレベル1が、2114万8000台で世界市場全体の88.7%。ステアリング操舵とブレーキ/アクセルを同時に自動化するレベル2の運転支援システムは270万4000台で、日欧の自動車メーカーを中心に搭載車種が広がっているという。

また、2020年以降はレベル2の運転支援システムが成長するとし、レベル2とレベル2+を合計した世界搭載台数は、2020年に595万8000台、2023年にはレベル1の搭載台数を上回り3289万8000台に増加すると予測した。

そして、2030年におけるADAS/自動運転システムの世界搭載台数は8249万9000台に達すると予測した。

レベル別で、レベル1は、2025年以降日米欧中から新興国に需要の中心が移り、2025年の2060万台から縮小して2030年の搭載台数は1274万5000台になると予測。レベル2とレベル2+の合計では、2025年に4347万5800台、2030年は5072万4000台に達すると見込んだ。

自動運転システムが全ての動的運転作業を実施して緊急時のみドライバーが介入するレベル3の自動運転システムについては、2025年以降レベル3とレベル4のシステムコスト差が縮小すると予測。それにより、高級車を中心にレベル3からレベル4(高速道路限定)への切替が進み、2030年は373万台の横這いにとどまると見込んでいる。

場所や走行条件を限定してドライバーが運転作業に関与しないレベル4と完全自動運転のレベル5については、2023~2024年頃からの実用期間を経て、2025年以降に拡大すると見込む。特に、中国においてはICV(Intelligent Connected Vehicle)の政府による後押しや、V2X(車車間・路車間通信)のテストが始まっていることから、2025年以降に伸びると予測。これらのことから、レベル4/5の世界搭載台数は、2025年には179万5600台、2030年には1530万台に成長すると見込んだ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る