機器のカラーユニバーサルデザイン化に適した1608サイズの青緑色チップLEDを開発 ローム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2020年6月9日、機器のカラーユニバーサルデザイン化に適した1608サイズ(1.6×0.8mm)の青緑色チップLED「SMLD12E2N1W」および「SMLD12E3N1W」を開発したと発表した。火災報知システムの表示灯や産業機器の安全性警告ランプ、公共交通機関での情報掲示などの用途が見込まれる。

本製品は特殊波長(λD:496nm/505nm)を有しており、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(以下、CUDO)の認証を取得している。発表によると、1608サイズでCUDOの認証を取得したのは業界初であり、多様な色覚をもつ方々に配慮する配色/デザインの実現に貢献する製品である。

また、本製品は新たな樹脂を採用しており、従来のエポキシ樹脂と比較して寿命を約20倍に延長し、シリコーン樹脂と比較してモールド強度を約25倍改善した。車載信頼性規格「AEC-Q102」に準拠した製品もラインアップに揃えている。


本製品は、既に2020年4月より月産100万個の体制で量産されており、サンプル価格は60円/個(税別)となっている。ローム浜松が前工程を担い、後工程は中国およびマレーシアの同社生産子会社が行う。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る