1億2768万画素のグローバルシャッター機能を搭載した大型CMOSイメージセンサーを商品化――出力データレートが従来比で約4倍 ソニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは2021年3月9日、有効画素数1億2768万画素のグローバルシャッター機能を搭載した大型CMOSイメージセンサー「IMX661」を商品化すると発表した。同年4月にカラー品のサンプル出荷開始を予定している。

同製品は対角56.73mm(3.6型)と大型のCMOSイメージセンサーで、同社独自のグローバルシャッター画素技術「Pregius(プレジウス)」を採用している。同技術により、産業機器向けで一般的なCマウントレンズ対応の1.1型イメージセンサーと比較して光学サイズ(面積)が約10倍となり、多画素化を実現したほか、動体歪みのない撮像が可能となった。

また、画素ウエハー上に一部の機能を搭載したチップを積層するプロセス技術「Chip on Wafer」を採用しており、ADコンバータを最適な位置に実装することで、センサーサイズを大型化せずに処理能力が向上した。

さらに、同社が独自に開発したエンベデッド・クロック方式の高速インターフェース規格「SLVS-EC」(Scalable Low Voltage Signaling with Embedded Clock)を採用した。これら2つの技術により出力データレートが10ビットで21.8フレーム/秒となっており、同社従来品と比較して約4倍に向上している。

その他、高速検査などでの撮像タイミングを制御するトリガー同期や、必要な領域のみを読み出すことで後段の信号処理の負荷を軽減するROI(Region of interest)、データ量を削減して必要な情報のみを出力する階調圧縮、移動体の軌跡を検知できる多重露出、ぶれずに高速移動体を撮像できる短時間露光、低照度時に感度を高められる画素加算読み出しといった信号処理機能を搭載した。

パッケージはセラミックLGAを採用しており、ユニットセルサイズは3.45×3.45μm。カラー品と白黒品の2種をラインアップに揃える予定で、白黒品はカラー品の約1か月後にサンプル出荷を開始する計画となっている。

同社は、ディスプレイや電子基板の検査工程や広域モニタリング、空撮などでの用途を見込む。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る