Hyundai、新型EV「IONIQ 5」を発表――ソーラールーフで充電可能

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のHyundaiは2021年2月23日、太陽光で電力供給できるソーラールーフを備えた新型バッテリー式電気自動車(BEV)「IONIQ 5」を発表した。

IONIQ 5は、全長4635mm、全幅1890mm、全高 1605mmの中型クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル(CUV)だ。リアモーターのみのモデル(2WD)と、フロント/リヤにモーターを搭載したモデル(AWD)の2種類の構成がある。バッテリーも標準の58kWhと、長距離仕様の72.6kWhの2種類があり、バッテリーとモーターの組み合わせにより全部で4種類の構成が可能だ。IONIQ 5の最高速度はいずれの構成でも時速185km、航続距離は72.6kWh、2WDの構成で470~480km(WTLP基準)だ。

IONIQ 5は、充電時間は350kWの充電器を使った場合、充電量10%から80%まで18分で充電でき、5分間の充電で100km走行することができる。Hyundaiは、ヨーロッパ全域で20万カ所の充電ポイントを提供する「Charge myHyundai」サービスを展開するとしている。

IONIQ 5の特徴のひとつとして、バッテリーに給電して電力をサポートする「ソーラールーフ」を装備できることが挙げられる。ソーラールーフはバッテリーの放電を抑制し、航続距離を伸ばすことができる。

また、IONIQ 5には、「Vehicle-to-Load(V2L)」を実現する給電機能があり、電動自転車/バイクの充電、キャンプ用電源などを接続して「走る充電器」として使うこともできる。V2Lは、最大3.6kWの電力を供給できる。

IONIQ 5は、Hyundaiが2020年12月に発表したBEVアーキテクチャー「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」をベースにした同社のBEVブランド「IONIQ」の最初のモデル。HyundaiはIONIQ 5に続き、電動セダン「IONIQ 6」、大型電動SUV「IONIQ 7」とラインアップを充実させる計画だ。

関連リンク

Hyundai IONIQ 5 Redefines Electric Mobility Lifestyle

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る