高じん性鋳鋼を用いた損傷制御型変位抑制装置を共同開発 日本鋳造と阪神高速道路

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本鋳造は2022年2月28日、阪神高速道路と共同で、高じん性鋳鋼を用いた損傷制御型変位抑制装置(DCストッパー)を開発したと発表した。

DCストッパーは、橋の支点部に使用することで耐震補強するための水平力分担装置だ(図1)。

今回開発した同装置には、日本鋳造が開発した高じん性鋳鋼を使用(図2)。同材料は一般的な溶接構造用鋳鋼よりも材料強度が低く伸び性能に優れるため、DCストッパー本体部材と本体取り付け部材の保有耐力を明確に階層化する。これにより地震によって上部構造に作用する水平力に対して、確実かつ粘り強く抵抗することができる。

同装置は2021年7月に両社共同で特許取得済だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る