新素材グラフェンで作ったとうたう腕に巻き付けられる次世代スマートフォン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のNew China TVによれば、2016年4月21~24日に重慶で開催された第12回中国重慶ハイテクフェアに、腕に巻けるほど柔軟なタッチスクリーンを持つスマートフォンが出展された。映像には、説明員が女性の手首に巻き付けたり、湾曲した状態で動画を再生したり、電話を掛けたりする様子が映っている。

重さ200gのスマートフォンに搭載された5.2インチのフレキシブルなタッチスクリーンには、注目の新素材グラフェンが使われていると報じている。スマートフォンを設計したChongqing Graphene Technologyの研究者は、グラフェンの優れた特性により、鮮明な画面と感度の良いタッチスクリーンが実現できたと話しているという。

グラフェンは、炭素原子の層でできた超薄膜。柔軟性があり、電気を良く通し、ダイヤモンドよりも硬く、鋼鉄の100倍を超える強度がある。グラフェンは、2004年に英国マンチェスター大学の研究者によって発見され、研究者は2010年のノーベル物理学賞に輝いている。グラフェンは、タッチスクリーン、タイヤ、バッテリーなど、さまざまな製品への応用が検討されているが、グラフェンを使った最初の商品は、電子デバイスになるだろうと言われていた。

ただ、このスマートフォンには本当にグラフェンを使っているのか疑う向きもあり、有機ELではないかと指摘するメディアもあるが、Xinhua Newsは「タッチスクリーンは主にグラフェンで作られている」と伝える動画を公開している。

New China TVによれば、Chongqing Graphene Technologyは2年以内の量産開始を計画しているそうだ。

関連リンク

Bendy smartphone made of graphene displayed at China tech fair

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る