大日本印刷、転写により樹脂ガラスをハードコーティングするフィルムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本印刷は2016年1月13日、転写することで樹脂ガラスの耐候性や耐摩耗性を向上させる「DNP超耐候ハードコート転写フィルム」を開発したと発表した。同フィルムを転写した樹脂ガラスの販売を2016年2月に開始する。

DNP超耐候ハードコート転写フィルムは、同社が住宅用建装材の製造で培った電子線(EB)技術を応用したもの。EB技術とは「電子線の照射によって、塗工した樹脂を硬化させるコーティング技術」をいう。

同フィルムはEB技術により、樹脂ガラスに高硬度のハードコート層を形成する。そのため、販売予定の樹脂ガラスは汎用品のポリカーボネート樹脂よりも傷つきにくい上に、紫外線(UV)による変色や劣化が起こりにくいという。

大日本印刷は同樹脂ガラスの用途に、電車や建設機械および乗用車やバスなどの窓ガラスを想定。また、2017年度までの売上目標として10億円を掲げている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る