サンディスク、産業用NANDフラッシュストレージソリューションを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンディスクは2015年11月12日、産業用NANDフラッシュストレージソリューション「SanDisk Industrial」シリーズの提供を開始すると発表した。同シリーズには「SanDisk Industrial」と「SanDisk Industrial XT」の2種類がある。

今回発表のフラッシュストレージソリューションは、急拡大する「インダストリアルIoT」市場に対応した製品だ。高い耐久性を備えており、極端な温度環境下でも優れたパフォーマンスと信頼性を実現するという。

SanDisk Industrialシリーズには、SDカードやmicroSDカードのほかに、iNAND組み込みフラッシュドライブ(EFD)が含まれる。いずれも最大容量が64GBで、動作温度が-40℃~85℃。工場の自動化アプリケーション、および長期的かつ継続的に動画やグラフィックの再生が必要となる読み取り集中型の屋外用デジタルサイネージなどに対応している。

また、SanDisk Industrial XTシリーズには、SDカードやiNAND組み込みフラッシュドライブ(EFD)が含まれる。これらは-25℃~85℃の温度環境下での動作が可能で、高温の工場用アプリケーションや過酷な気候での公共サービス運用など、厳しい温度環境での利用に最適化している。

なお、SanDisk Industrial SDカードおよびmicroSDカードは、取り外しや交換が可能。これにより、ユーザーによる大容量データの柔軟かつ高速なロードや更新、および容易な保守や構成を実現する。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る