NTN、毎分2万回転まで対応可能な「高速回転対応プーリ用軸受」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2017年5月18日、外輪回転で1分間に2万回転まで対応可能な「高速回転対応プーリ用軸受」を開発したと発表した。軸受内部の設計と構成部品を最適化したことで、従来品と比べて許容回転速度は1.3倍に向上、回転トルクは10%低減したという。

プーリ用軸受は自動車エンジンの補機ベルトに用いられる。近年の自動車エンジンの小型化やISG搭載車の増加などにより、外径をより小径化したプーリのニーズが高まっている。プーリ径の小径化に伴って、プーリ用軸受には高速回転性能が求められる。加えて冷時異音の発生防止や低トルク化など、プーリ用軸受に対しさらなる高機能化のニーズも高まっていた。

今回開発した高速回転対応プーリ用軸受は、保持器とシールを回転遠心力に対応する設計にしたことで高速回転時のシールリップ部の発熱や保持器の変形を抑制し、毎分2万回転まで対応可能となった。また、グリースも低温特性に優れた仕様にすることで低温時での硬化を防ぎ、軸受の外輪とプーリが振動する冷時異音の発生を抑えることに成功した。

さらに、軸受の破損原因のひとつである脆性はく離に対しても、破損の進行を抑制するグリース添加剤の採用や軸受軌道輪の熱処理の工夫により、耐脆性はく離性、高温耐久性を維持しているという。

本開発品は、2017年5月24日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展される予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る