日野自動車、最新の2段過給ターボエンジンなどを「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日野自動車は2017年5月22日、横浜と名古屋で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」に、最新の2段過給ターボディーゼルエンジンなどを出展すると発表した。

今回出展するのは、新型「日野プロフィア」「日野レンジャー」に搭載している「A09C」型と「A05C」型のディーゼルエンジン。A09Cは8.9L、A05Cは5.1Lといずれも小排気量だが2段過給ターボを搭載する。A05Cはカットモデルが展示されるため、同エンジンの特徴であるディンプルライナーも目視できる。

また、日野プロフィアと日野レンジャーに搭載されている排出ガス後処理装置「DPR+尿素SCR」と「HC-SCR」も展示を予定している。特に日野レンジャーに搭載している「HC-SCR」は後処理に尿素水を使わないため尿素タンクが不要。メンテナンスにかかる手間が軽減できるのが特徴だ。そのほか、2017年4月5日に発表した日野プロフィアと日野レンジャーの先進安全装備なども紹介する。

会期は「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」が2017年5月24日(水)から26日(金)、「人とくるまのテクノロジー展2017名古屋」が2017年6月28日(水)から30日(金)までとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る