BMW 7シリーズにディーゼル・エンジンと4輪駆動システム搭載モデルを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリューは2017年8月30日、BMW 7シリーズのラインアップに、新世代クリーン・ディーゼル・エンジンと4輪駆動システムxDriveを搭載したBMW 740d xDrive及びBMW 740Ld xDriveを追加し販売開始すると発表した。納車は9月中旬以降の予定だ。

今回追加されたディーゼル・エンジンモデルには、3.0L直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンが搭載される。高圧の燃料を直接エンジンシリンダー内に噴射するコモン・レール・ダイレクト・インジェクション・システムと、2つの可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最大出力235kW(320ps)/4400rpm、最大トルク680Nm(69.3kgm)/1750-2250rpmを実現している。

また、同時に搭載されるxDriveは、路面状況を各種センサーがモニタリングし、トルクを前後で可変配分できる同社独自のインテリジェント4輪駆動システム。アンダーステアやオーバーステア等の状況を事前に察知して対応し、特に悪路での走行を安定性させる。

BMW 7シリーズではこのほか、モデル・ラインアップも一新され、従来はオプション限定だったプラス・パッケージを標準装備したExecutive(740e iPerforamnce、740d xDrive、740Ld xDriveに設定)、それに加えデザイン・ピュア・エクセレンス・パッケージを標準装備したラグジュアリー志向のExcellence(BMW M760Liを除くすべてのBMW 7シリーズに設定)、必要な装備を厳選して採用した740e iPerforamnceのエントリー・モデルを追加。スポーティからラグジュアリーまで幅広いニーズに対応した。

さらに、ハイビーム・モードで約70km/h以上で走行するとレーザー・ライトが自動点灯し最長600mまでの距離を照射するBMWレーザー・ライト、車外から遠隔操作で駐車を行なうことが可能になるリモート・パーキングも、一部モデルを除き新たに標準装備されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る