色素増感太陽電池を用いたIoT機器用メンテナンスフリー電源を共同開発――評価サンプルの提供を開始 フジクラら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジクラは2021年8月23日、日本ガイシおよびベルギーのe-peasと共同で、色素増感太陽電池(DSSC)を用いたメンテナンスフリー電源を開発し、評価サンプルの提供を開始した発表した。

IoT技術を用いた機器の利用が広がる中、電池を電源として同機器に用いる場合には、メンテナンスの必要なために運用の手間が発生したり、電池寿命が尽きた場合にデータ収集が途切れてしまうという課題があった。

今回開発した電源は、身の回りにある微小な光エネルギーを電気へ変換する光環境発電技術を応用したものだ。同社が開発した高効率の光発電素子であるDSCCに、電圧変換IC、蓄電素子を組み合わせて一体化。薄型かつコンパクトで、安定的にDC3Vを出力できるメンテナンスフリー電源だ。

本電源を活用することで、IoT機器の電池交換メンテンナンスが不要になり、長期にわたって安定的にデータ収集することができるようになる。

外形寸法は44×85mmで板厚が4.5mm、蓄電容量が100mWh(27mAh)、最大動作点電力は165μW(白色LED 200lx)となる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る