マイクロチップ・テクノロジー、クラウドベースのMCU開発環境を無償で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米マイクロチップ・テクノロジーは2016年2月16日、クラウドベースでPIC MCUの設計が可能な統合開発環境「MPLAB Xpress」の提供を開始した。無償で利用でき、ダウンロードやサインイン、セットアップも不要だ。

MPLAB Xpressは、検証済みのサンプルコードライブラリ、MCUの周辺モジュール関連コードを自動生成できるMPLAB Code Configurator3.0へのインターフェース、MPLAB XCコンパイラ、プログラマ/デバッガ、ハードウェアのサポート、myMicrochipアカウントで利用できる10GBのオンラインストレージなどの機能を備える。また、開発者同士で情報共有が可能なコミュニティ機能も用意した。

さらに、MPLAB Xpressで作成したプロジェクトは従来のMPLAB X IDEにも容易に移行できるという。

MPLAB Xpress評価用ボードも、数量限定ながら無償で同社サイトから提供されている。評価用ボードはPIC16F18855 MCUを実装しており、mikroBUSヘッダも備えているため、MikroElektronika社が提供するClickボードを使ってシステムを拡張することも可能だ。

また、Curiosity開発ボードやPICkit3もサポートしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る