リテルヒューズ、低い動的抵抗と高いESD耐性を備えるTVSダイオードアレイ「SP1026シリーズ」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVS Diode Array SP1026 Hi_Res

リテルヒューズは2016年6月8日、双方向ディスクリートTVSダイオードアレイ「SP1026シリーズ」を発表した。本年6月上旬より発売するという。

同シリーズは、低い動的抵抗(1.4Ω)と高いESDイミュニティ(耐性)、高空間効率デザインを兼ね備えた15pF 30kV双方向ディスクリートTVSダイオードアレイ。独自のシリコンアバランシェ技術を採用したツェナーダイオードにより、各I/Oピンを保護することで、静電気放電(ESD)に対し高い保護性を発揮する。堅牢性にも優れており、パフォーマンスを低下させることなくIEC61000-4-2で規定される±30kVの連続的なESDストライクを安全に吸収する。さらに、非常に低い制限電圧を伴う5Aの8/20μsサージ電流(IEC61000-4-5規格)を安全に消散。IEC基準の最大レベルを上回るESDの保護性を実現している。

また、0201サイズ(0.6mm×0.3〜5mm)のフットプリント設計のため、より省スペース化が求められるPCBレイアウトにも対応する。

用途としては、携帯電話、スマートフォン、スマートウォッチ、タブレット、携帯ナビゲーション機器、携帯医療機器を想定している。同社の国内販売代理店12社を通じて販売する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る