Audi A4 allroad quattroがフルモデルチェンジ、走行システムに新たにultraテクノロジーを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

with ultra technology

アウディジャパンは2016年9月6日、Audi A4 allroad quattroをフルモデルチェンジし、販売を開始したと発表した。

2.0 TFSIエンジンを搭載し、従来のタイプより20kW(28PS)パワーをアップして252PSとしつつ、燃費効率を約9%改善した。

走行システムは全車種にquattroシステムを標準装備し、100%前輪駆動で走行が可能な新開発の「ultra(ウルトラ)テクノロジー」を初めて導入した。これにより伝達効率を大幅に高めることができたという。これはメカニカルなディファレンシャルユニットを使った従来のquattroシステムに、インテリジェントな制御機構と2箇所の駆動力断絶機構を付け加えることで、無駄な駆動抵抗を減らし、走行中の伝達効率を改善したシステムだ。トランスミッションは、デュアルクラッチを用いた「7速Sトロニック」を全モデルに採用した。

安全装置は、標準装備のABSやESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)、6つのエアバッグを始め、アシスタンスシステムも充実させた。

カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム「アウディプレセンスシティ」や、衝突の際の乗員の保護能力を高める「アウディプレセンスベーシック」、そしてドライバーの車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」を全モデルに標準装備した。

渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも介入しドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」機能を備えた「アダプティブクルーズコントロール」も全モデル標準装備している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る