三菱マテリアル、サージ耐量最大10万Aの直径20mm円筒型ガスアレスタを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱マテリアルは2017年3月22日、インフラ設備向けの電源回路防護素子である直径20mmの円筒型ガスアレスタで、最大放電電流(Imax)10万Aの高サージ耐量を達成したと発表した。

円筒型ガスアレスタは、各種のサージ(異常電圧)から電気機器を防護するサージ防護素子の一種。今回の開発では、同社の従来の防護素子製品の技術をべースに、電極材料の見直しや電極形状の最適化、電極表面に塗布している材料の組成や配置方法の工夫など独自技術を使い、小型ながらImax10万Aのサージ耐量を実現した。

また、7万Aの繰り返し10回のサージ電流に対し、安定した動作を保証。繰り返しサージ電流に対して放電開始電圧(Vs)の変化が小さく、設定した電圧で安定に動作する。サージ応答性に優れ、急峻な誘導雷サージに素早く応答し、放電開始電圧は、300V〜1000Vまで広範囲に対応する。

近年、異常気象等により落雷が増え、瞬間的なサージによる設備の被害が増加しており、発電所、鉄道用信号などのインフラ設備やデータセンタ、病院、瞬時停電を嫌う半導体や特殊材料の製造工場等で使用できる小型で大容量の雷サージ防護素子へのニーズが高まっているという。

同社では従来から電子機器や情報通信機器等に使用される防護素子を製造していたが、近年のニーズに対応し、各種大型機器・装置を防護できる高サージ耐量の保護素子として円筒型ガスアレスタの開発・製造にも取り組んでいる。今後は、市場動向をみながら、量産・販売の検討を進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る