「LINEで業務連絡」は“非常識”か、“これからの常識”か。会社員の2割がビジネスでLINEを活用【ビジネスツール調査:SNS編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイント

  • SNSの認知率、1位「LINE」(79.5%)、2位「Facebook」(78.5%)
  • 会社員の2割、ビジネス用途でLINEを利用
  • グループ内の業務連絡などにLINEを活用。「既読」にならない相手には電話で連絡
  • SNSのビジネス利用、満足度トップも「LINE」

調査概要

エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、25~59歳の会社員400人(一般200人、製造・IT系エンジニア200人)を対象に、「ビジネスツール」に関するアンケート調査を行いました。

ビジネスでITが活用されるようになり、メールソフトやスケジューラーといったツールが当たり前のように使われるようになりました。

最近では「メールよりもチャットを使って連絡の手間を省く」「取引先とオンラインストレージでファイルを共有する」「タスク管理で対応漏れを防ぐ」といった具合に、さまざまなツールを活用して、さらに業務効率化を図る企業やビジネスパーソンも増えてきました。

そうしたツールは、実際にどの程度の職場で活用されているのでしょうか。SNS、チャット/コラボツール、オンラインストレージ、タスク管理といったツールの認知率・利用率について、一般的な職場と製造・IT系エンジニアの職場とに分けて調べてみました。合わせて、製造・IT系エンジニアについては、仕事で使っているテキストエディタも聞いてみました。

今回はSNSのビジネス利用について調査した結果をレポートします。「仕事にLINEを使うのはけしからん」という意見を見掛けることもありますが、現状はどうなっているのでしょうか。

調査結果サマリー

SNSの認知率、1位「LINE」(79.5%)、2位「Facebook」(78.5%)

・「Facebook」「Twitter」などの主要なSNSに、名刺管理・ビジネスSNSとして活用されている「Eight」も加えて、会社員400人に知っているSNSを挙げてもらった。
認知率が最も高かったのは「LINE」(79.5%)。次いで「Facebook」(78.5%)、「Twitter」(76.5%)という順になった。

・この結果を、一般と製造・IT系エンジニアという職種で分けて集計したグラフは次のとおり。どのツールも、製造・IT系エンジニアの認知率の方が高くなった。

会社員の2割、ビジネス用途でLINEを利用

・実際に、SNSをビジネスで活用している人はどの程度いるのだろうか。
「ビジネス用途で利用しているツール」を答えてもらったところ、19.8%が「LINE」をビジネスでも利用していることが分かった。

・年収や残業時間を別途質問し、SNSのビジネス利用率とクロス集計してみた。
年収別で見たときの特徴として、年収が増えるほど「Eight」の利用率が高くなっていた。
また、残業時間が長くなるほど、各SNSのビジネス利用率が上がる傾向にあった。

グループ内の業務連絡などにLINEを活用。「既読」にならない相手には電話で連絡

・こうしたSNSを、どんなやり方でビジネスに活用しているのだろうか。自由回答形式で活用例を教えてもらったところ、次のような回答が寄せられた。

【LINE】
・プライベートでもそうだがやはりやり取りが見やすい。パソコンのメールなどは過去のメールをいちいち開き直しをしないといけないためかなり効率が悪い[営業職/20代男性]
・画像とテキスト文が送れる為、言葉で説明できない部分を画像で伝えることが出来る[製造系エンジニア(機械系)/30代男性]
・相手が読んだかわかる既読機能がとても便利です。既読にならない時急ぎの時に電話する事が多いです[事務職/40代女性]
・グループを作り、業務連絡を発信するのにとても役立っている[総務・人事・経理職/30代女性]
・上司やパートさんとの連絡網として使っている[サービス職(販売・飲食など)/30代女性]
・複数での飲み会の出席確認、写真の共有に便利[事務職/40代女性]
・返信がはやい[事務職/30代女性]
・会議にも使えます[事務職/20代女性]
・各課でグループを作り、連絡事項を共有する[総務・人事・経理職/30代女性]

【Facebook】
・こちらからの情報発信において大変良いと思う[生産技術・製造技術・品質管理関連職/30代女性]
・連絡が取れなかった知人を探すのにとても良いが、ビジネスとなると素人の私にとってはとても難しい領域です[サービス職(販売・飲食など)/50代男性]

【Twitter】
・情報が探しやすいので良い[製造系エンジニア(機械系)/30代男女性]
・業務で使う最新の製品情報を知るのに役立つ[IT系エンジニア/50代男性]

【Instagram】
・会社のPRに効果的だ[総務・人事・経理職/20代女性]

【Eight】
・名刺管理と連携させている[医療・福祉・介護関連職/50代男性]

SNSのビジネス利用、満足度トップも「LINE」

・SNSをビジネス利用している人に、それぞれのツールに対する満足度を0~5点で点数付けしてもらった。満足度の平均点を算出したところ、ここでも「LINE」が3.92点でトップになった。


【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ
期間:2018年6月14日~20日
対象:会社員400名(一般200名、製造・IT系エンジニア200名)


–メディア関係の皆様へ—
本調査データは、ぜひ記事などでご自由にご活用ください。
記事での紹介・引用時には、エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」調べ、など、調査元を明記ください。
Webサイトでご紹介いただく際は、本記事のURLにリンクを貼っていただけると幸いです。

「LINEで業務連絡」は“非常識”か、“これからの常識”か。会社員の2割がビジネスでLINEを活用【ビジネスツール調査:SNS編】

グラフデータは当ページからダウンロードいただくか、より高画質のデータをご希望でしたら、お問い合わせページよりご連絡ください。
—————————-

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る