ショット、滑らかさと柔軟性に優れ環境に優しい高強度超薄板ガラスを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツの特殊ガラスメーカーであるショットは2016年11月24日、滑らかさと柔軟性に優れ環境に優しい高強度超薄板ガラス「SCHOTT AS 87 eco」の販売を開始した。

SCHOTT AS 87 ecoは厚さ70~350µmと超薄板。厚み交差が10µm以下なので、指紋センサ用カバーガラスに適している。また、1MHzでの誘電率が7.7と優れているため、指紋センサの性能向上に貢献する。

それでいて、合成樹脂のような柔軟性に加え、ガラスの持つ耐久性や美しさを備える。3点曲げ試験で曲げ半径6mmを達成しているため、折り曲げ可能なスマートフォンやウェアラブルデバイスなど、フレキシブルデバイスの設計に使える。また、ファイアーポリッシュ仕上げされているので、優れた滑らかさとクリアな画質を発揮する。

schleife_300x300

超薄板ガラスは通常、有害な薬品であるフッ化水素酸を用いた化学エッチング技術で製造される。だが、ショットは独自のダウンドロー法に基づき、有害物質を使わずにSCHOTT AS 87 ecoを製造。EUのRoHS指令(有害物質に関する制限)とREACH規則(新化学品規制)に準拠したという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る