トヨタ自動車、新会社設立で人工知能技術の研究・開発を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2015年11月6日、人工知能技術の研究・開発強化に向けて、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC」(TRI)を米国シリコンバレーに設立すると発表した。今後TRIを技術イノベーションの拠点とし、人工知能技術を通じてビックデータを活用することで、革新的な新商品の企画や開発を進めるという。

具体的な取り組みとしては、「事故を起こさないクルマ」「誰もが移動の自由を享受できるモビリティ」「高齢者の尊厳ある老後をサポートするロボット」のほか、「新材料探索・生産管理システム」の研究・開発が挙がっている。

研究体制を強化するため、TRIのCEOにはトヨタのExecutive Technical Advisorであるギル・プラット氏が就任。他にも、優秀な研究者の採用に加えて、マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学に設立した研究センターとの連携が予定されている。

TRIは2016年1月に、トヨタ自動車のビジョンである「誰もが安心して安全・自由に、より豊かに暮らすことができる社会の実現」を目指して始動する。運営予算は、設立当初5年間で約10億ドル。社員数は、約200人となる見込みだ。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る