「HVH 146」の導入により高電圧ヘアピン電気モーターシリーズを強化――ピーク電力35kWとトルク65Nmを実現 ボルグワーナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ボルグワーナーは2019年12月6日、新たな高電圧ヘアピン(HVH)146モーターを導入し、電気モーター製品を強化すると発表した。2020年前半に主要なOEM向けに生産を開始し、ハイブリッド普通乗用車に搭載する予定だ。

永久磁石内蔵型電気モーターであるHVH 146は、ハイブリッド車(HEV)において、従来のオルタネーターが配置されるP0位置でのベルト駆動組み込みに適する。エンジン前部に取り付け可能で、高張力ベルトシステムを通じて高出力および最高回転数1万6500rpmで稼働する。

ストップ/スタート装置として使用するほかに、ブレーキ時やコースト時のバッテリーパックの回生充電にも使用できる。また、HVH 146電気モーターは、ピークトルク65Nm、ピーク効率95%を達成し、クリーンな補助動力で走行距離も向上させる。ピーク電力35kWとピークトルク65Nmを実現する一方、重量はわずか14kgで、パワーウェイトレシオは従来のオルタネーターの2倍超を達成している。

OEMを対象に高機能ソリューションとして開発された同モーターは、容易に統合できるように設計されており、高圧/低圧コネクターおよび冷却クーラン用コネクタートを備えるコンパクトなパッケージが特徴だ。

HVHシリーズは、従来の丸線に代わり、精密に成形された平角線と複数の層から成るインターロック型「ヘアピン」を使用している。独自の配線方法とワイヤーのサイズによって、モーターの出力密度および効率が向上し、水冷方式によって出力密度も増大したという。

HVH 146は、ハイブリッド普通乗用車向けに発売されるが、商用車市場でも使用できる。さらに、特定の要件に適合するよう特注して、P0のほかに、ハイブリッド車全体のさまざまな位置で使用することができる。

同電気モーターは、多用途HVHシリーズに加えられ、モーターアッセンブリまたはローター/ステータアッセンブリとして提供される。

関連リンク

プレスリリース
関連記事

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る