使い勝手や操作性を向上した単軸ロボット2モデルをRobonityシリーズに追加――機能を向上させつつコストダウンを図る ヤマハ発動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2020年12月9日、Robonityシリーズにロボットポジショナ「EP-01」をセットにした単軸ロボット「Basicモデル:ABAS」と「Advancedモデル:AGXS」を追加し、2021年1月6日に発売すると発表した。使い勝手や操作性を向上させつつ、信頼性と低価格を両立している。ABAS/AGXS、EP-01すべてオープン価格。

両製品は、高品質、長寿命といった特長はそのままに、操作性の向上やIoT(モノのインターネット)対応などを図っており、ユーザービリティを高めている。ABAS/AGXS用コントローラーとして、新たにロボットポジショナのEP-01も開発。機能性を向上させつつ、コストダウンを図っている。

ロボットポジショナ「EP-01」

モータレス単軸アクチュエータ「LBAS/LGXS」の特性を継承し、高剛性、高精度に加え、リード長、ストロークバリエーションなど豊富なラインアップでニーズに合わせた機種を選定できる。最長1450mmまで対応しているため、長距離搬送にも使用できるという。また、EP-01と組み合わせることにより、使いやすさと面積生産性が向上する。低価格設定ながら、機能を従来機種に比べ大幅に拡張している。

BasicモデルのABASは、ガイドレールとフレームを一体化。コンパクトながら剛性が高くなっている。AdvancedモデルのAGXSは、研削ボールネジを標準で採用。高精度、高耐久性となっていることに加え、クリーン仕様にも標準対応する。配管継ぎ手を取り付け吸引するだけで、簡単にクリーン環境で使用できる。

また、ロボット、コントローラ共に大幅に小型化。単軸ロボット「ABAS05」は、幅寸法を従来モデル「T6L」比で約20%ダウンしている。ロボットポジショナのEP-01は、従来モデル「TS-X」との容積比で約37%のサイズダウンとなっている。並べてEP-01を設置する場合、1mm隙間を空けるだけの近接設置に対応する。

EP-01は、大幅に設計を見直してコストダウンしており、低価格設定で提供する。機能も産業用Ethernetの標準装備、フィードバックパルス出力、直値制御の機能拡張、リアルタイム出力など大幅に拡張。サポートソフトウェア「EP-Manager」も付属し、設備原価の低減に寄与する。また、本体にEthernetポートを装備することで、これまで必要だったPC接続専用の通信ケーブルを不要とし、立ち上げ工数を削減している。

その他、バッテリレスアブソ方式への対応、ケーブル部へのアブソバッテリの取付け、TRIP機能、カレンダー機能、リアルタイム出力機能などを搭載する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る