Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表――レベル5の完全自動運転に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon傘下のZooxは2020年12月14日、都市部での配車サービスの展開を目指して、専用のロボタクシーを発表した。ドライバーのいらない自動運転EVで、ラスベガスやサンフランシスコなどで試験走行を行っている。

公開したロボタクシーは、前後の区別がない双方向車両で、前後にモーターを1台ずつ備えた4WS(4輪操舵)電気自動車。車両の長さは3.63m、高さ1.936m、回転半径は8.6mで、狭い場所でも小回りが利く。バッテリー容量は133kWhで、1回の充電で16時間連続走行が可能。最高速度は時速120kmとしている。

無人の自動運転レベル5に対応可能で、運転席もハンドルもない。乗員中心で設計したとする車内は4人が向かい合って座る仕様で、すべてのシートが5つ星の衝突安全性能に相当し、最新のエアバッグは頭、首、胸を守るようにデザインされている。また、カメラ、レーダー、LIDARを複数搭載し、車両の4隅の視野はそれぞれ270度を確保している。

ZooxのCEOであるAicha Evans氏は「私たちは乗る人の経験を一変させ、都市へ優れたMaaS(Mobility as a Service)を提供します。二酸化炭素排出や交通事故といった憂慮すべきデータを鑑みると、乗る人がA地点からB地点まで安全かつ持続可能な方法で行けるソリューションを構築することが、今まで以上に大切です」と、語っている。

関連リンク

ZOOX Press Room

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る