工業用機械向け内部確認用カメラの廉価版キットを発売――映像出力をHDMIに特化して低価格に キャプテンインダストリーズ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプテンインダストリーズは2021年10月11日、工業用機械の内部確認用カメラ「ロトクリア・カメラC2」(以下、C2)の廉価版「ロトクリア・カメラ・ベーシックキット」(以下、ベーシックキット)の販売を同月12日より開始すると発表した。価格は42万200円(税込)となっている。

ロトクリア・カメラシリーズを用いることで、遠隔地からでも工具や加工物の内部をリアルタイムに確認できる。C2では、スマートフォンやタブレットでのモニタリングや操作が可能となっている。

ベーシックキットでは、カメラを一眼のみとしたほか、モニターできる端末も1対1 ディスプレイへのHDMI出力のみとしたことで、C2と比較して価格を低く抑えた。見たい箇所を拡大するスワイプズーム機能や、映像の天地を常に検出して通常姿勢を映す姿勢位置検出センサー、過去に保存した静止画や動画を閲覧できるギャラリーといったC2の機能はそのまま搭載している。

スワイプズーム機能

ベーシックキットは、カメラ本体に加えてHDMIボックス、カメラケーブル、電源ケーブル、電源用PCBコネクター、エアチューブ、Oリングを同梱している。

キャプテンインダストリーズは、初年度の販売目標を50システムとした。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る