米ザイリンクス、コスト重視のアプリケーション向け「Spartan-7 FPGA」ファミリを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ザイリンクスは2015年11月19日、小型フォーム ファクタ パッケージに高速I/O機能を備えた、コスト重視のアプリケーション向けの「Spartan-7 FPGA」ファミリを発表した。

前世代と比べ、単位ワット当たりの価格性能比で最大4倍の性能向上を実現。また柔軟なコネクティビティ機能やインターフェースブリッジ機能、コンパニオンチップ機能を実現するという。

同製品は、自動車や民生機器、インダストリアルIoT、データセンター、ワイヤードおよびワイヤレス通信、携帯医療ソリューションなど広範囲な市場のコネクティビティ要件に対応。SoC向け設計環境のVivado Design Suiteとともに最適化され、IPおよびシステムセントリックの開発環境を提供することによって、開発サイクル及び製品開発期間の短縮を可能にするとしている。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る