液化水素運搬用として世界最大容積の貨物格納設備を開発 川崎重工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工業は2021年5月6日、大型液化水素運搬船用の貨物格納設備(CCS:カーゴ・コンテインメント・システム)を開発し、日本海事協会より設計基本承認(AiP:Approval in Principle)を取得したと発表した。容量は1基当たり4万m3クラスで、舶用の液化水素貨物格納設備としては世界最大になるという。

今回AiPを取得した貨物格納設備は、同社が世界に先駆けて建造した1250m3型液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」で培った設計・建造技術、安全性に関する技術を活用した。-253℃に冷却することで体積を800分の1にした極低温の液化水素を、大量に海上輸送するために開発されたものだ。

タンク容積は大型LNG船と同等で、直径は約43m。船体から独立した自己支持方式を採用し、極低温の液化水素積載時の熱収縮に柔軟に対応する。また、新たに高性能断熱システムを開発し、外部からの侵入熱によって発生するボイルオフガス(BOG)の低減を図った。貨物格納設備から自然発生したBOGは船舶の推進燃料として有効利用するため、液化水素輸送にかかわる二酸化炭素の排出削減にも寄与すると見込んでいる。

AiP証書

同社はこの貨物格納設備の開発をNEDO助成事業の一環として実施しており、2020年代半ばの実用化に向け、この貨物格納設備を4基装備した16万m3型大型液化水素運搬船を開発中だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る