ビズリーチがプログラム言語別の平均年収ランキングを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビズリーチは2016年2月25日、同社の求人検索エンジン「スタンバイ」に掲載の求人情報をもとに作製した「プログラミング言語別 平均年収ランキング」を発表した。同ランキングでは、各プログラミング言語名を含んだ求人情報の給与金額を集計し、平均額を割り出している。

ランキング1位を飾ったのは、平均年収651万円のPython。12位のアセンブラとは210万円の差があった。求人情報に機械学習エンジニアやロボット向けアプリケーション開発などの文言があることから、第3次AI(人工知能)ブームを背景に、Pythonを扱えるエンジニアのニーズが今後も高まることがうかがえるとしている。

2位にはPerlが平均年収633万円で、3位にはRubyが平均年収606万円でランクインした。Rubyを使用する業務には、ベンチャーやスタートアップを含めて1万件以上の求人があるという。

求人数が5万6000件以上とランキング中最多のJavaは、平均年収499万円で8位にランクイン。2003年に開発されたScalaは平均年収530万円で7位、2014年に公開のSwiftも平均年収483万円で9位に入った。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る