川崎重工の「高圧水素減圧弁」、新型燃料電池車メルセデス・ベンツ「GLC F-CELL」に採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は2018年4月23日、独ダイムラー向けの「高圧水素減圧弁」を開発し、同社の新型燃料電池車メルセデス・ベンツ「GLC F-CELL」に採用されたことを発表した。

同製品はダイムラー子会社で自動車用燃料電池および水素タンクシステムを開発する独ニューセルシスと共同で開発したものだ。燃料電池車に搭載する水素タンクから供給される700気圧程の高圧水素ガスを、発電装置である燃料電池スタックで使用できる程度まで減圧する役割を果たす。

今回開発した高圧水素減圧弁は、川崎重工が長年の油圧機器開発、製造技術で培ってきた流体制御技術と、ニューセルシスの燃料電池システムに関する知見を生かして、高精度なガスコントロール技術による効率的な減圧、および発電時の水素ガス圧力の安定性を実現。省スペース化やエネルギー利用効率改善による燃料電池車の航続距離の伸長に寄与するという。また、同製品は20年相当の耐久試験もクリアしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る