日本自動車工業会、自動車国内需要の見通しを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車工業会は2016年3月17日、2015年度と2016年度における自動車国内需要の見通しを発表した。自動車国内需要は2015年度では概ね縮小する見通しだが、2016年度では反発して増加する見込みだ。

2015年度の四輪車総需要は、前年比93.2%の約493万9000台に縮小する見通しだ。その内、登録車の販売台数は前年比100.3%の約313万4000台で、2014年4月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減により低水準となった前年と同程度にとどまる見込み。対して、軽四輪車の販売台数は、2015年4月の軽自動車税の増税に伴う駆け込み需要の反動減により、前年比83.1%の約180万5000台に落ち込むと見られる。

一方、2016年度の四輪車総需要は、軽自動車税増税の影響などが残るものの、2017年4月に実施予定の消費税率引き上げ前の駆け込み需要により、前年比106.5%の約525万8000台となる見込みだ。その内、登録車が前年比105.3%の約330万台、軽四輪車が前年比108.5%の約195万8000台だという。

普通・小四輪乗用車は、2015年度が前年比99.9%の約269万台、2016年度は前年比105.5%の約283万7000台になる見込み。軽四輪車乗用車は、2015年度が前年比80.6%の約142万台、2016年度は前年比109.3%の約155万2000台となる見通しだ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る