「MATLAB」と「Simulink」の新バージョン「Release 2019a」を発表――人工知能、信号処理、静的解析の新製品と拡張機能を追加 MathWorks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Reinforcement Learning Toolboxを使用した2足歩行ロボットの歩行訓練

MathWorksは2019年3月27日、人工知能 (AI) 、信号処理、静的解析の新製品と拡張機能を盛り込んだ「MATLAB」と「Simulink」の新バージョン「Release 2019a(R2019a)」を発表した。

MathWorksはこれまで、MATLABにて、アルゴリズム開発、データ解析、可視化、数値計算のためのプログラミング環境を提供。Simulinkにて、モデリングやシミュレーション環境を提供してきた。

そして、同社は今回、これらのソフトウェアのAI機能を強化し、新しい信号処理および通信の製品とアップデートした静的解析製品を加えた新バージョンR2019aを発表した。

AI機能に対しては、強化学習向けのMATLABワークフローを強化する新たなツールボックス「Reinforcement Learning Toolbox」を導入。繰り返しの試行錯誤による環境との相互作用を通じた学習が可能になり、制御や意思決定の問題を解決するタイプの機械学習を促進できるという。また、「Computer Vision Toolbox」、「Data Acquisition Toolbox」、「Image Acquisition Toolbox」にもAIの拡張機能を盛り込んだ。

ワイヤレスおよびエレクトロニクスの開発をサポートする信号処理と通信に関連する新製品も備えた。「Mixed-Signal Blockset」では、迅速なモデル構築、高速シミュレーション、専用の解析ツールと可視化ツールによりミックスドシグナルシステム設計モデルへの深い洞察を提供。「SerDes Toolbox」では、迅速な設計、解析および有線通信用送信機および受信機のモデリング機能を提供する。FPGAやASIC、SoCの各アーキテクチャのシミュレーションと調査、アルゴリズムおよびハードウェア プラットフォームのコシミュレーション、パフォーマンス監視とボトルネック検出を可能にする「SoC Blockset」も備えている。

Polyspace静的解析製品ファミリの大幅なアップデートも実施した。「Polyspace Bug Finder Access」と「Polyspace Code Prover Access」は、静的コード解析結果や、品質指標が確認できるWebブラウザインターフェイスを提供。「Polyspace Bug Finder Server」と「Polyspace Code Prover Server」は、サーバークラスのマシン上で静的解析エンジンを実行できる。

MathWorksは、R2019aにより、エンジニアは様々なAIスキルをすばやく効果的に拡張できると説明。例えば、コントローラーや意思決定システムの開発のために、強化学習機能を使用できるという。また、NVIDIA DGXやクラウドプラットフォーム上でディープラーニングのモデルをトレーニングすることや、ディープラーニングを3Dデータに適用することもできるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る