IoT機器の開発期間を短縮するクラウド・コネクティビティ・キット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NXPセミコンダクターズとZentriは2015年12月15日、IoTデバイスの開発期間を短縮するクラウド・コネクティビティ・キット「LPC43S67-A70CM」を発表した。セキュリティ、Wi-Fiスタック、デバイス・コミッショニング、クラウド・サービス用APIなどに関する専門的な知識がない開発者でも利用できるとしている。

NXPセミコンダクターズのAsit Goel氏によると、セキュリティ、ワイヤレス・コネクティビティ、クラウド・コネクティビティ、デバイス・マネジメント、モバイル・アプリ開発に必要な技術の習得は容易ではなく、製品開発期間には数カ月~数年単位で遅延が発生しているという。

だが、開発者はLPC43S67-A70CMを用いれば、社内の限られたノウハウを利用するだけで、IoT製品開発にまつわる3つの課題「プロビジョニングとリモート・マネジメントに向けたセキュアなクラウド・ベース・デバイス・マネジメントを含むフィジカル・デバイスのセキュリティとコネクティビティの確立」「エンド・ユーザーとコネクテッド・ユーザーのためのアプリケーション開発」「コネクテッド機能/サービスをサポートする、プロトコル非依存型クラウド・コネクティビティ」をすべて解決できるとうたっている。

LPC43S67-A70CMは、NXPのリファレンス・ハードウェアとZentriのセキュア・コネクテッド・プロダクト・プラットフォームから構成される。前者は「NXP LPC43S67マイクロコントローラ」「A7001CMセキュア・エレメント」「NXP LPC汎用シールド」「NXP NFC NTAG I2Cボード」「Murata SN8000 802.11b/g/n(SDカード)をベースとするLPCXpresso43S67ボード」、後者は「ZentriOS」「ZentriOS SDK」「ZentriDMS」「Zentri Mobile App SDK」を含む。

同製品は、NXPの正規販売代理店から12月より提供を開始。NXP LPC43S67マイクロコントローラ、A7001CMセキュア・エレメント、NFC NTAG I2Cの量産品はNXPの正規販売代理店から入手可能だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る