製品設計を簡略化するSTM32マイコン向けUSB Type-C PDソフトウェアを発表 STマイクロ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは2022年12月6日、USB Type-Cポート保護ICとSTM32インタフェースIPのポートフォリオを拡充するソフトウェア・パッケージ「X-CUBE-TCPP」を発表した。USB Power Delivery(PD)規格に準拠した製品の設計を簡略化する。

X-CUBE-TCPPは、STM32Cube開発エコシステムを使用した開発を簡略化するソフトウェア・パッケージで、同社のウェブサイト、またはGitHubから無償でダウンロードできる。また、同社のシンク・アプリケーション向けUSB Type-Cポート保護IC「TCPP01-M12」、ソース・アプリケーション向け「TCPP02-M18」、デュアル・ロール・パワー・アプリケーション向け「TCPP03-M20」用のライブラリを提供する。

最新のUSB PD Revision3.1規格は、従来の5V/0.5Aから最大48V/5A(240W)までの動作モードをサポート。高電力化している。また、電子廃棄物の削減を目的に、USB Type-Cにモバイル機器の充電端子を統一する合意がEUでなされたように、サステナビリティに関する新たな法規制へ対応する。

USB PDは、幅広い機器に対応。モバイル・バッテリーやスマート・スピーカー、PC周辺機器、通信機器、医療機器、POS端末、産業用ディスプレイ、バッテリ駆動の組込みアプリケーションなどに適応する。

同社のUCPD(USB Type-C/PD)インタフェースIPとも連携。USB PDに、最大20V/5A(100W)の標準電力範囲で対応する。USB Type-Cの実装をマイコンとポート保護ICで分割することにより、コスト削減や設計の簡略化、基板面積の最小化に貢献する2チップ・ソリューションとなる。STM32マイコンは、ホスト・マイコンとしても機能する。

また、X-CUBE-TCPPは、Power Delivery PHYを搭載していないSTM32マイコンを使用した開発にも対応。USB Type-C規格への準拠を簡略化する。

シンク・アプリケーション開発では、X-CUBE-TCPPと「X-NUCLEO-SNK1M1」機能拡張ボード、コードを実行する任意のSTM32マイコンを搭載したSTM32 Nucleo-64開発ボード(NUCLEO-G071RB、NUCLEO-G474RE、NUCLEO-L412RB-P)の使用により、開発期間を短縮できる。

ソース・アプリケーション開発には、X-CUBE-TCPPと「X-NUCLEO-SRC1M1」機能拡張ボードだけではなく、任意のSTM32 Nucleo-64開発ボード(PD非対応)か、NUCLEO-G071RB、NUCLEO-G474RE(いずれもPD対応)を使用できる。

Power Delivery対応デュアル・ロール・パワー(DRP)アプリケーション用のライブラリには、「X-NUCLEO-DRP1M1」機能拡張ボードと、NUCLEO-G071RB、またはNUCLEO-G474REを使用する。

「X-NUCLEO-SNK1M1」「X-NUCLEO-SRC1M1」「X-NUCLEO-DRP1M1」の3つの機能拡張ボードは、USB Implementers Forumの認証取得済みで、USB Type-C/PD仕様に準拠することを示すテストID(TID)付き。機能拡張ボードのTIDは、それぞれX-NUCLEO-SNK1M1(TID 5205)、X-NUCLEO-SRC1M1(TID 7884)、X-NUCLEO-DRP1M1(TID 6408)となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る