ソニー、車載カメラ向け有効742万画素積層型CMOSイメージセンサーを商品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「MX324」

ソニーは2017年10月23日、先進運転支援システム(ADAS)用途の前方センシングカメラ向けに、有効742万画素RCCCフィルター採用の積層型CMOSイメージセンサー「IMX324」を商品化し、2017年11月からサンプル出荷を開始すると発表した。1/1.7型では業界最高解像度となる(同社調べ)。量産出荷時期は2018年6月の予定で、サンプル価格は1万円(税別)。

同製品は、同社従来品比約3倍の水平解像度を持ち、遠方撮影では約160m先(カメラにFOV32°のレンズを採用した場合)にある交通標識の高精細な撮像が可能だ。

遠方における比較サンプル画像

低照度環境のために、複数の画素情報を加算する画素加算モードを搭載。合計4画素の情報を加算し、1画素として処理することにより感度を高める。この画素加算モードと、R(赤)とC(クリア)を組み合わせたRCCCフィルターの採用により高感度2666mVを実現し、月明かり相当の暗さの夜間でも歩行者や障害物を撮像できる。夜間にヘッドライトや街灯により明暗が混在する場面でも、暗い部分は高感度、明るい部分は高解像度で交互に撮像する機能により、後段の信号処理と組み合わせて高精度な認識が可能となる。

さらに、画素部分と信号処理部分を重ね合わせた積層構造を、車載カメラ向けイメージセンサーとしては業界で初めて(同社調べ)採用し、高解像度ながら小型サイズと低消費電力を実現している。

同製品は自動車向け電子部品の信頼性試験基準「AEC-Q100 Grade2」を2018年6月までに満たす予定だ。また、自動車向け機能安全規格「ISO26262」準拠の開発プロセスを導入し、車載向けとしての機能安全要求を満たす設計品質を実現。故障検知・通知・制御などの機能安全要求レベル「ASIL D」にも対応(システムの安全目標として)している。イメージセンサーから出力される画像の改ざんを防ぐセキュリティー機能も業界で初めて(同社調べ)実装した。

なお同製品は、米Intelの子会社であるMobileyeが先進運転支援システム(ADAS)および自動運転技術に向けて開発中のイメージプロセッサー「EyeQ4」、「EyeQ5」と接続可能となる予定だ。

有効画素数は3849(H)×1929(V)の約742万画素。イメージサイズは対角9.69mm(1/1.7型)。ユニットセルサイズは2.25μm(H)x2.25μm(V)。フレームレートは最大40fps。パッケージは108Pin Plastic BGAで、サイズは13.23mm x 8.97mm。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る