UACJと産総研、アルミニウム先端技術連携研究ラボを設立――環境負荷低減に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルミニウム国内最大手のUACJと産業技術総合研究所(産総研)は2018年6月1日、連携研究ラボ「UACJ-産総研 アルミニウム先端技術連携研究ラボ」を設立すると発表した。

アルミニウムは、高い熱伝導率や比強度、低い電気抵抗、酸素バリア特性やリサイクル特性など、工業的に優れた特性を有し、幅広い産業分野で展開されている。特に近年では、環境負荷低減のため、輸送機器の軽量化を目的にした材料として注目され、自動車での利用が拡大している。

UACJと産総研は今回、UACJの日本最大の製造販売実績と研究開発ポテンシャル、産総研の多様で高度な技術シーズを連携したUACJ-産総研 アルミニウム先端技術連携研究ラボを設立する。アルミニウム先端技術開発を推進するだけでなく、既存の技術課題に対する新たなアプローチや新規技術探索を通してアルミニウム産業の発展に貢献することを目指す。

同ラボの設立により、蓄積技術の融合によるイノベーションを推進するとしており、アルミニウムの先端技術開発と産業発展に貢献するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る