メルセデス・ベンツ日本、新型Cクラスを発表——新開発のパワートレイン採用モデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新開発の1.5リッター直列4気筒ターボエンジン

メルセデス・ベンツ日本は2018年7月25日、メルセデス・ベンツの新型「Cクラス」を発表、注文の受付を開始した。加速やギアシフトをアシストする新技術を搭載したパワートレインを1部モデルに採用している。

今回の新型Cクラスは、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4車種が同時に刷新。昨年発表された新型Sクラスと同等の運転支援機能「インテリジェントドライブ」が全てのモデルで選択できるようになり、またデザインも一新されている。

新型Cクラスのうち「C200アバンギャルド」のパワートレインには、新開発の1.5リッター直列4気筒ターボエンジン「M264」に加え、「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」、「48V(ボルト)電気システム」などの新技術を採用した。

M264エンジンは、単体で最高出力184PS(135kW)、最大トルク280Nmを発生する。ターボチャージャーにはツインスクロールシステムを採用したほか、可変バルブタイミングを実現する「カムトロニック」も搭載して、最適な吸気を実現。またエンジン内部の摩擦低減対策として、メルセデス・ベンツが特許を持つ「CONICSHAPE加工」を採用している。

BSGと48V電気システムは、ベルトを介してクランクシャフトと接続され、スターターとジェネレーターを兼ねるモーターとして働くものだ。回生ブレーキ等により発電した48Vの電気を1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、必要な際に最高出力14PS(10kW)、最大トルク160Nmを発生。ターボチャージャーの過給圧が十分に高まるまでの間のアシストを行い、スムーズな加速に貢献する。さらにこのモーターはギアシフト時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでアシストし、シフトチェンジに必要な時間を短縮する。

そのほか、ウォーターポンプが電動化され、冷却能力を必要に応じて最適に調整できる。また、エンジンを止めた状態で走行するコースティングや、エンジン始動の際の低騒音、低振動を実現している。

また「C220dアバンギャルド」のパワートレインには、最高出力143kW(194PS)、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発生する、メルセデス・ベンツ最新の2.0リッター直列4気筒BlueTECエンジンが搭載されている。従来型のクリーンディーゼルエンジンより高出力化された一方、振動、騒音が低減されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る