究極のスチームパンク――蒸気機関で走るオランダのカスタムバイク「ブラックパール号」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで蒸気機関車のように、石炭を使った蒸気機関で動くカスタムモーターバイクが、アメリカのネットメディアで取り上げられた。現代のハイテクモーターバイクとは違う、スチームパンクでレトロな趣が、注目を浴びている。

このバイクの名前は「The Black Pearl(ブラックパール号)」。オランダのカスタムバイクビルダーであるRené van Tuil氏の手によるものだ。まるで蒸気機関車のような見た目は伊達ではなく、実際にボイラーで石炭を燃やしてスチームを作り、ピストンを動かして走ることができる。公開されている動画では、蒸気機関車のように汽笛を鳴らしながら、ピストンに接続されたロッドで後輪を回しながら走行する様子が撮影されている。

ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の大ファンというTuil氏は、この素晴らしく個性的なカスタムバイクを、パイレーツ・オブ・カリビアンの主人公ジョニー・デップ演ずるジャック・スパロウ船長が指揮する帆船の名前「ブラックパール号」にちなんで命名したという。

本家のブラックパール号はカリブ海で一番の高速船という設定だが、Tuil氏のブラックパール号の最高速度は、自転車より遅い時速8kmだという。実用的とは言えないが、間違いなく世界に2つとないカスタムバイクだ。



関連リンク

Revatu Customs

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る