中国の月面探査機「嫦娥4号」、人類史上初めて月の裏側へ着陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国国家航天局(CNSA)は2019年1月3日、中国の月面探査用ロケット「嫦娥(じょうが)4号」が月の裏側への着陸とその近接画像撮影に成功したと発表した。CNSAによると、月の裏側は前人未踏の地であり、宇宙船による軟着陸に成功したのは今回が史上初のことだ。

嫦娥4号が月に向かったのは2018年12月8日。その後、嫦娥4号は2019年1月3日の午前10時15分に可変推力エンジンで月の上空15kmから降下開始した。月面数百m上空で障害物の検出と月表面の傾斜の測定のために滞留した後、障害物のない比較的平らな地を選び、垂直にゆっくりと降り立った。

その時、嫦娥4号が着地した場所は、月の裏側にある南極エイトケン盆地と呼ばれる地点で、その中の東経177.6度・南緯45.5度のフォン・カルマン・クレーターだ。CNSAによると、同地への着陸は予定通りだという。降下の間、嫦娥4号は月裏側表面の近接画像を撮影して地球へ送信した。月の裏側からは月自身が障害となり、直接電波を送ることが難しいため、事前に地球と月のラグランジュポイントL2に投入されていた通信中継衛星「鵲橋(ジャッキョウ)」 経由で、地球へと送ることに成功した。

嫦娥4号のミッションには、月の裏側の環境を研究するため、低周波電波分光器による天体観測、地形調査、鉱物組成の発見、中性子線と中性原子の測定などが含まれている。

関連リンク

China’s Chang’e-4 probe makes historic landing on moon’s far side

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る