NASAのMars 2020ローバー、原子力電池への燃料供給が始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Image credit: NASA/JPL-Caltech

NASAは2019年7月24日、Mars 2020ローバーの原子力電池「MMRTG(Multi-Mission Radioisotope Thermoelectric Generator)への燃料供給を承認したと発表した。2020年7月の打ち上げ、2021年2月18日の火星着陸に向けて、予定通り計画が進行しているという。

MMRTGは、プルトニウム238の自然崩壊により発生する熱を、熱電対を使うことで約110Wの電力に変換できる。探査機や実験機器に電力を供給するほか、発電機からの過剰な熱は、探査機を火星の厳しい寒さから守るためにも使われる。同様の原子力電池は、バイキングをはじめとする過去の火星探査やボイジャー探査機、最近ではニューホライズンズ探査機など、これまで27回にわたり使われてきた。

NASA科学ミッション局のThomas Zurbuchen副長官は、今回の決定を2020年の打ち上げに向けた「重要なマイルストーンだ」としている。ローバー内部はほぼ完成し、外側もロボットアームや車輪、計測機器などが取り付いている。「ローバーは日に日にローバーらしい外見になっており、動作もローバーらしくなっている」と、NASA JPL(ジェット推進研究所)のプロジェクトマネージャーJohn McNamee氏は語る。

NASAは、Mars 2020や月への有人探査ミッションを通じて、火星の有人探査を目指している。2030年代には、月を中継地として火星へ人類を送り込む計画だ。

なお、「火星に名前を送ろう」キャンペーンも2019年9月30日まで実施中。ローバーに搭載するマイクロチップに自分の名前を記載できるほか、名前入りの“搭乗券”も発行される。

関連リンク

Fueling of NASA’s Mars 2020 Rover Power System Begins

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る