コロナウイルスを検出できるセンサー――エアバス、航空機セキュリティ向けの化学物質検出技術を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアバスとKonikuは2020年5月4日、航空機と空港のセキュリティ運用のための共同開発において、化学物質や爆発物の脅威に加え、生物学的な危険に対する検出性能を含めた研究を行うと発表した。

Konikuは、生体細胞によるコプロセッサを開発する企業で、味覚や犬の鼻より優れた嗅覚を備えたウェットウェアチップを開発している。エアバスとは、2017年にバイオテクノロジーのノウハウに関する協力協定を締結している。

両社による技術的ソリューションは、航空機および空港のセキュリティ運用の厳しい運用規制要件を満たすために開発されている。遺伝子操作された嗅覚受容体を用いており、危険物となる特定の分子化合物と接触するとアラーム信号を生成する。

もともとは、航空機内や空港での化学物質や爆発物の非接触/自動検出、追跡、場所の探索に重点が置かれていたが、COVID-19の危機に伴い、このソリューションがウイルスを含む生物学的危険の特定もできるように改良している。2020年第4四半期に実地試験が計画されている。

関連リンク

Airbus and Koniku Inc. embark on disruptive biotechnology solutions for aviation security operations

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る