約2.5億画素の超高解像度CMOSセンサーを発売――約12.5億画素/秒の超高速な信号読み出しを実現 キヤノン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンは2020年10月19日、APS-Hサイズで約2.5億画素の超高解像度CMOSセンサー「LI8020SAC(カラー)/LI8020SAM(モノクロ)」を同月下旬に発売すると発表した。

同CMOSセンサーは、1画素のピッチを1.5μmにすることでAPS-Hサイズ(約29.4×18.9mm)で約2.5億画素(1万9568×1万2588画素)を実現。フルHD(1920×1080画素)の約125倍、4K(3840×2160画素)の約30倍の解像度を持つ。

超解像度でありながら、回路の微細化や新たな信号処理技術により、1秒間に約12.5億画素の高速での信号読み出しを可能にした。これにより、全画素読み出し時でも毎秒約5コマのスピードでの撮像ができる。

任意の領域のみを選択的に読み出すことができる「ROI(Region of Interest)読み出し機能」を搭載。同機能を使って特定領域のみを読み出すことで、8K(7680×4320画素)では24fps、4Kでは30fps、フルHDでは60fpsでの動画撮影が可能になる。全画像領域の垂直方向を間引いて読み出す「間引き読み出し機能」も備え、用途などによって使い分けできる。

4Kや8K映像技術の発展で高精細化しているFPD(フラットパネルディスプレイ)の検査やその他産業用検査、映像制作、デジタルアーカイブ、広域監視、顕微鏡などさまざまな用途での活用を想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る