ZMP、自動運転技術開発用の超小型電気自動車「RoboCar MV2 2017」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZMPは2017年2月16日、トヨタ車体製超小型電気自動車「コムス」がベースとなった自動運転技術開発用実験車両「RoboCar MV2 2017」の販売を開始すると発表した。同社は2012年からRoboCar MV2を販売していたが、今回の最新型には機器搭載能力や操作性の面での改良を加えている。

RoboCar MV2 2017は、ZMPオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載した実験用の超小型電気自動車だ。ステアリング、アクセル、ブレーキを制御するためのライブラリが用意されているので、障害物回避、自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの研究開発に活用できる。

操作性の面では、コントロールパネルを13インチタブレットに変更し、ドライビングポジションからの視認性や操作性を向上。また、コンピュータ制御状態と手動運転状態を識別するためのインジケータに加え、プログラムモードからマニュアルモードへの遷移ボタンをダッシュボードに搭載した。機器搭載性の面では、開発用PCやセンサ類などの精密機器を格納可能なトランクルームを標準で備えた。

販売価格はパッケージによって異なる。四輪エンコーダーとコントロールPC&SDKがセットになった「RoboCar MV2 2017自動運転パッケージ」は800万円(税別)。一方、レーザーレーダとカメラに加え自動運転ソフトウェア「Autoware」を実装した「RoboCar MV2 2017 Autowareパッケージ」は1330万円(税別)からとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る