ネットワークカメラをAIカメラ化するAIアクセラレーターを発売――専用の映像解析アプリも3種用意 キヤノン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンは2022年11月29日、ネットワークカメラをAI(人工知能)カメラ化するAIアクセラレーター「AS-AN11」と、専用の映像解析アプリケーション3種を2022年12月上旬より順次発売すると発表した。価格はいずれもオープンとなっている。

AS-AN11はmicroSDカード型のハードウエアで、アクシス製ネットワークカメラをAIカメラ化できる。

カメラ本体に挿入して専用の映像解析アプリケーションをインストールすることで、AIによる映像解析が可能となる。解析専用のサーバーやクラウドは不要。対象機種であれば、既設のカメラにも対応できる。

専用の映像解析アプリケーションは、「侵入検知」「駐車検知」「映像変化検知」の3種をラインアップに揃えた。

侵入検知は、頭部から人物を検出することで、指定エリアへの人物の侵入を検知可能。帽子やヘルメットを着用していても検出できる。

また、頭部から足元の位置も推測できるため、足元が見えない生産現場や物流倉庫などでも検知できる。パトランプや投光器との連携も可能となっている。

「侵入検知」使用イメージ

駐車検知は、指定エリアに駐車した車両の有無や、一定時間を超える駐車を検知可能。リアルタイムに駐車状況を把握できるため、誘導スタッフが空きエリアにスムーズに案内できるほか、オペレーションや人員配置の簡素化にも寄与する。

駐車禁止場所では、検知結果をパトランプやメールで警備員や管理者に通知することで、対象車両への対応の迅速化が可能となる。

「駐車検知」使用イメージ

映像変化検知では、基準となる元画像を学習することで、映像の変化を検知可能。生産現場では、装置の稼働への妨げとなっている人や物などを検知して通知できる。

また、スーパーマーケットで特定の商品の欠品状態を通知できるほか、倉庫内では通路上への荷物の置き去りなども通知できる。

「映像変化検知」使用イメージ

AS-AN11および侵入検知アプリケーションが2022年12月上旬、駐車検知および映像変化検知アプリケーションが2023年1月中旬の販売開始を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る