スタイリッシュな3輪の小型電気自動車――カナダのDaymakが開発する「Spiritus」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電動バイクやスクーター、電動アシスト自転車などを製造販売するカナダの軽電動車両(LEV)メーカーDaymakが、新たに2人乗りの三輪LEV「Spiritus」を開発し、2023年の納車に向けて予約注文の受付を開始した。

Spiritusは全長3850mm、全幅2010mm、全高1275mm、ホイールベース2667mmの小型電気自動車で、「Deluxe」と「Ultimate」の2つのモデルがある。

Deluxeは2万ドルの普及型LEV。モーター出力75kW(100馬力)で、0-97km/h加速は6.9秒。最高速度は137km/h以上。

Ultimateは、15万ドルの高性能LEV。3×3の全輪駆動で、出力は147kW(200馬力)。0-97km/h加速は1.8秒で、DaymakはSpiritus Ultimateを、「地球上で最も速い三輪自動車」としている。Ultimateの最高速度は210km以上だ。

Deluxeは36kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は290km。Ultimateのバッテリーは80kWhで航続距離は480km。どちらのモデルも標準プラグでの充電が可能で、110V/1時間の充電で20km走行することができる。また、ルーフにはソーラーパネルを備え、バッテリーのトリクル充電が可能だ。

DaymakはSpiritusの予約注文を、自社のウェブを使ったクラウドファンディング形式で受け付けており、5万台を目標に2021年7月23日まで予約を受け付けている。キャンペーンは2021年3月23日に開始され、2021年4月9日の時点でDeluxeが3230台、Ultimateが181台の注文が入っている。

関連リンク

DAYMAK LAUNCHES CROWDFUNDING CAMPAIGN FOR THE SPIRITUS CAR ON AVVENIRE WEBSITE

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る