温度上昇を約30%抑える低発熱高容量リレーを発売 オムロン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムロンは2021年7月1日、業界トップクラスとなる超低接触抵抗0.2mΩを達成した高容量リレー「G9KA」を全世界で発売した。リレーの発熱を抑制することで、太陽光発電システム向けのパワーコンディショナーや電源設備などのエネルギーロスを抑え、システムの発電効率を向上させる一助になると見込んでいる。

従来の高容量リレーは、接触抵抗値が高く、発熱によるエネルギーロスが課題となっていた。発熱対策として機器内にヒートシンクや冷却ファンなどの放熱機構を設置する必要があり、リレーの発熱によって基板の劣化が進んでしまい機器本体の耐用年数の低下につながるケースがあった。

G9KAは、リレー本体の接触抵抗値を業界トップクラスの0.2mΩまで低減。従来の一般的な高容量リレーに比べるとリレーの温度上昇を約30%抑えられる。発熱対策として機器に設置されるヒートシンクなどの放熱機構を簡素化できるようになることから、部材の削減や設計の最適化を図ることができ、機器本体の小型化/軽量化につながると期待されている。また、リレーでの発熱を抑制できるため、基板の温度上昇を低減し、劣化を軽減できる。機器の長寿命化にもつながると見込まれている。

200Aリレーの通電時の温度上昇結果を比較(熱シミュレーション図)

200A(AC800V)を通電/遮断できて、大きな電流負荷を遮断する必要のある機器やアプリケーションに使用できる。高容量の電力制御用途として主に使用されるコンタクターからの置き換えにも対応。同程度の電流容量のコンタクターと比べ、部品本体の高さを3分の1程度に抑えており、機器の小型化/省スペース化に貢献する。

基板に部品搭載時の高さ比較(イメージ図)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る