Artiphon、簡単に作曲できる手のひらサイズの音楽デバイス「Orba 2」をリリース

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Artiphoneは、2020年に発売した手のひらサイズの音楽デバイス「Orba」の後継機種となる「Orba 2」を、2022年10月8日に発売した。価格は149.99ドル(約2万円)となっている。

Orbaは手のひらサイズでありながら、シンセサイザーとルーパー、そしてMIDIコントローラーの役割を兼ねるものだ。これにより、誰でも手軽に音楽を作ることができる。タップしたり指先でなぞったりすることで、直感的にドラム/ベース/コード/リードの各パートを重ねられ、簡単にビートや曲が完成する。作った曲は内蔵スピーカーのほか、ヘッドフォンやアンプにつないで再生できる。Orbaアプリとワイヤレスで接続すれば、楽器のカスタマイズや作品の共有も可能だ。

新たに発売されたOrba 2は、Orbaの機能はそのままに、さらに複数のアップデートが施されている。サウンドエンジンを刷新し、エレキギターやアップライトピアノなどの楽器はもちろん、ボーカル、ファウンドサウンド、カスタムアーティストの曲なども演奏可能になった。

さらに、Orbaアプリのボタンを押すだけで、自転車のベルや鳥のさえずりなど、周囲の音を取り込んでオリジナルの楽器として演奏に使うことが可能に。取り込んだ音はプリセットとして再生/ループ/共有できる。サンプルの録音には有線でのUSB接続が必要だ。

演奏するための上面部分も改良。タップやプレスなど、シンプルな9つのジェスチャーに同時に反応し、それぞれのジェスチャーにより、搭載されたシンセエンジンや個人が選んだMIDI音楽ソフトをコントロールできる。

また、Orbaよりも大容量のメモリを搭載し、最大で128小節(3~5分)の長さの曲が作れるようになった。高品質の24ビットコンバーターとスピーカーアンプが組み込まれており、ヘッドフォンへの出力もより高品質なものとなっている。

関連リンク

Artiphon|Orba 2

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る