マツダ、初代「ロードスター」のレストアサービスを2018年に開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは2017年8月4日、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスを開始すると発表した。このレストアサービスは、レストア事業とパーツ再供給の2つのサービスで構成される。

レストア事業は、マツダが顧客のロードスターを預かりオリジナルに近い状態にリフレッシュするもので、2017年内に受付を開始し、2018年初頭からサービスを始める予定だ。マツダが顧客と直接面談し、車の状態や要望に合わせたサービスを実施する。作業を行うマツダ社内の施設は、クラシックカーの評価・認証サービスなどを提供するテュフ ラインランド ジャパンのクラシックカーガレージ認証取得を予定。レストアしたロードスターを高い品質で顧客に戻すことができるという。

パーツ再供給では、現在供給終了となっている初代ロードスターの一部パーツを復刻。2018年初頭から販売を開始する。パーツはオリジナル状態にこだわり、初代ロードスター発表当時のビニール生地のソフトトップやデザインを再現。乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを復刻する。その他の部品供給についても要望に応じて取り組む予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る