古河機械金属と古河電工、純銅の溶接欠陥を従来比95%以上も抑制する新レーザー溶接技術を確立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古河機械金属は12月21日、古河電気工業(古河電工)と共同で、純銅の溶接欠陥を大幅に抑制する新たなレーザー溶接技術の確立に成功したと発表した。この新技術により、自動車用モーターやパワー半導体の大幅な製造コスト削減と高性能化が見込まれるという。

自動車のEV化に伴い、自動車用モーターやインバーター、電池などへの新技術適用の期待が高まっている。自動車部品の設計自由度を高める手段として、ファイバーレーザーによる溶接が有力とされているが、純銅においては熱伝導率の高さと光吸収率の低さからスパッタ(レーザー溶接時に溶融した金属が飛散した微粒子)やブローホール(溶着金属の中に発生する球状の空洞)などの溶接欠陥が発生しやすく、大きな技術課題となっていた。

今回、古河電工製のファイバーレーザーが得意とする「高エネルギー密度ビーム」に、古河グループ古河電子が開発した「ビームモード制御技術」を融合させ、純銅の溶接に最適なビームモードを形成した。その結果、スパッタやブローホールの欠陥量を従来比で95%以上削減することに成功したという。

世界でもトップレベルとなるこの新技術により、自動車用モーターやインバーター用パワー半導体などの溶接、検査工程が効率化でき、製造コストの大幅な削減とさらなる高性能化、小型化が期待できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る