業界初、日米欧のV2X車載機器の物理層測定と日本方式のテスト項目評価を実現――アンリツ、車車間通信を効率よく評価できるソフトを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンリツは2018年4月12日、「V2X 802.11p測定・解析ソフトウェア MX727000A」のオプションとして、「RF Parametric Test MX727010A」「V2X Message日本方式コンフォーマンステスト MX727050A」「V2X Message日本方式コンフォーマンステストシナリオ MV727050A」を開発したと発表した。同日から販売を開始する。

5.9GHz帯の無線LAN規格「IEEE802.11p」に準拠した車車間通信は、自動運転の実現に必要な技術だ。一方、車車間通信は日本、米国、欧州で規格が異なるため、グローバルに商品を供給している自動車ベンダーや車機器ベンダーは、それぞれの方式で無線部の評価を行う必要がある。この作業では測定者が地域ごとの規格や測定手順を理解する必要があるため、ヒューマンエラーが発生しやすく開発効率の向上が難しかった。また、日本方式の車載器メッセージ試験では複雑な試験環境が必要であり、その構築に多大な負荷を要することが課題となっていた。

そこで今回、同社はV2X 802.11p測定・解析ソフトウェア MX727000Aの機能を強化した。今回開発したRF Parametric Test MX727010Aを組み合わせることで、日米欧3方式のV2X機器の物理層からアプリケーション層までの通信品質を測定できる。また、測定器の制御を自動化できるため、専門的な知識のない作業者でも日本・米国・欧州で規定されている無線測定項目を正確に評価できる。

さらに、V2X Message日本方式コンフォーマンステスト MX727050Aと、V2X Message日本方式コンフォーマンステストシナリオ MV727050Aを組み合わせることで、業界で初めて、日本方式車載器のV2Xメッセージ評価に必要なテスト項目「ARIB TR-T20」、ガイドライン「ITS Forum RC-011」に記載されている測定項目を評価できるようになった。日本方式の試験に必要な複雑な試験環境を、ラボ環境下で構築できるとうたっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る